ロゴ作成時の注意点

電球ロゴマークとは、企業などのブランドイメージを印象づけることを目的として、シンボルマークやシンボルロゴタイプを組み合わせ、図案化したものです。

ロゴマークには、企業の第一印象を人々に植え付けるという重要な役割があるのです。企業の経営理念、セールスポイント、ターゲット顧客層をよく考慮した上で、ロゴマークをデザインすることが大切です。

良いロゴマークは、お客様へ企業のセールスポイントのアピールとなると同時に、社員に企業への帰属、一体化意識を持たせる力も持つのです。ロゴマークとは、会社の顔であり、象徴なのです。

ロゴマークは3つのパートから構成されています。まず、シンボルマークです。シンボルマークは、企業の持つミッションや経営理念などを簡潔に象徴するマークのことです。次にシンボルロゴタイプです。シンボルロゴタイプは、企業名を簡潔かつ象徴的に表現した文字のことです。最後に、社名ロゴタイプです。企業名を正式に表示したい場合に用いるロゴです。シンボルマークや、シンボルロゴタイプと調和するようにデザインされます。

ロゴマークをデザインする際には、企業イメージに最適なカラーを選ぶことが大切です。ロゴマークのカラーイメージが企業イメージにそぐわない場合、ターゲット顧客層の心にうまく伝わらないかもしれません。

このサイトでは、企業にとって大変重要なロゴマークの作成を、ロゴマーク作成会社に発注する際に注意するべき点について詳しく解説させていただきます。